Top > ソーラーパネル > 太陽光発電の補助金はどうなっているの?

太陽光発電の補助金はどうなっているの?

太陽光発電システムを自宅に設置するとき、意外と知らないで損しているのが補助金。

たいていは、業者の方で手続きをしてくれたりするんですが、もしかしたら、やらない業者もあるかと思います。

それに、補助金といっても幅広く、国、県、市区町村から3段階でもらえるものということは、あんまり知られておりません。

設置してから、「あ~、自分の家、補助金もらえたじゃん・・・」となり、相談してみるけれども、事前申請が必要であったりなど、後悔先に立たず。

ということで、太陽光発電の設置を考えているなら、まずはいくらもらえるのか、どうやってもらうのかをあらかじめ調べておくべきなんですね。

さて、国の補助金ですが、パネルの値段によって変わってきますが、3~3.5万円を1キロワットあたりでもらうことができます。 だいたい、10万円ぐらいになると考えておくといいでしょう。

県の補助金は、地域によって大きく変わってきます。 補助制度がないところもあれば、国と同じように交付しているところや、一律でいくらというスタイルのところも。

市区町村においても、お住まいによって違います。 ただ、調べてみた感じでは、県では補助金がないけれども、市区町村はあるという例が多いな~ってこと。

なので、「まずは、お住まいの市区町村役場で聞いてみるのがベストでしょう。

私、2012年度現在での金額をまとめているサイトを見つけました。

こちらです。

ひとまず、こちらで下見をしておいてから自治体に相談しつつ、見積もりを業者から取ってどのくらいの費用負担になるのか仮計算してみるのがベストでしょうね。

国・県・市区町村すべてからもらうと、だいたい20~30万円ぐらいにはなるので、設置費用の約1割をまかなうことができますよ。 せっかく、普及させるために国が創設した制度なんですから、有効に使いましょう!!。